体臭の予防

体臭の予防

体臭に悩む人は多いですが、ちょっとした日頃の生活態度を改めるだけで、予防することもできます。

体臭の原因が、皮脂腺から過剰に分泌される皮脂の酸化が原因の場合には、皮脂が多く分泌される、肉類、卵、乳製品といった動物性のタンパク質の摂取を控えると良いでしょう。

また、汗の酸化を防ぐためには、汗をかいて濡れたままで放置すると、臭いの元になるので、こまめに拭いたり、着替えたり、シャワーを浴びたりするのも効果的です。

その他にも、日頃から軽い運動を心がけたり、暑いからといってすぐに冷房をつけるのではなく、自然な状態で汗を出し続けることで、汗腺が丈夫になるので、臭わない、良い汗がかけるようになるでしょう。

アルコールとタバコ

体臭に悩みながらも、アルコールを飲んだり、タバコを吸う人は、これらを控えるだけで効果的な予防法になるかもしれません。

アルコールは、多量の発汗を促進する作用があります。汗の量が増えればそれだけ体臭が増えますし、急激に出る汗は、ミネラル分を多く含み、臭いの原因となりやすいのです。

さらに体内でアルコールが代謝されると、アセトアルデヒドや酢酸などの、臭気の強い成分に変わるので、汗や呼吸に臭いがでてきます。

タバコは、主成分のニコチンが体温調節中枢を刺激し、エクリン腺から発汗を促してしまうので、同じく体臭が心配です。

どちらも量を調整するなり、思い切って禁酒・禁煙を志すなどすると、体臭の予防になるでしょう。

体臭予防にはクエン酸

体臭の効果的な予防法の1つとして、特定の食材を積極的に摂ることも有効と言われています。

なかでも、特に効果があると言われているのはレモンや酢などの「クエン酸」を多く含む食材です。

クエン酸は、体臭の原因となる雑菌の繁殖を抑える働きをするので、クエン酸を含む食材を、積極的に摂ることは体臭の予防になると言えます。

また、お風呂にコップ1杯ほどの酢を入れたり、体臭の気になる部分を、レモン水に浸して良く絞ったタオルで拭いたりすると効果があるようです。

特に、黒酢には多くのクエン酸が含まれているので、積極的に使用すると良いでしょう。