体臭の原因

体臭の原因

体臭の代表的なものは、口臭、ワキの臭い、足の臭い、加齢臭などがあります。

体臭が発生する確率や臭いのレベルには個人差が大きく、そのメカニズムには遺伝子が関わっているという説もあるそうです。

まだまだはっきりとした原因は解明されていないところもありますが、原因の1つとして、汗と皮脂があげられます。

また、場合によっては身体の不調のサインであることもあり、体臭の原因に病気があげられることもあるのです。

その他にも、加齢とともに原因が現れる加齢臭や、病気とまではいかなくても内臓機能が弱まったり、腸内環境が悪化することで、体臭が起こる場合もあるのです。

汗と皮脂

体臭の1つの原因として「汗」があげられます。汗は皮膚にある「アポクリン腺」と「エクリン腺」という場所から分泌されますが、そのまま放置してしまうと空気に触れて酸化し、それをエサとする細菌が集まってしまいます。

もう1つの原因とされる「皮脂」は、皮膚に存在する皮脂腺から分泌される成分で、肌が空気中にある雑菌でダメージを受けないようにガードする役割をしています。

この皮脂は、長時間空気にふれることで酸化し、脂肪酸という粘り気のある成分に変化し、毛穴を覆ってしまいます。

その後、汗と同じようにこの脂肪をエサとする細菌が集まり、分解作用を起こします

これらの原因が重なることによって、体臭が発生してしまうと言われています。

体臭の原因は病気?

体臭が、身体からのSOSのサインだという場合もたびたびあります。

例えば、糖尿病は血糖値が増大するために、糖の分解が間に合わずに、アセトン臭と呼ばれる甘酸っぱい臭いを発します。

また、甲状腺機能亢進症を患っている場合には、血中遊離脂肪酸が増加するために、皮脂腺が刺激され、汗臭さが増すと言われています。

これらの体臭の解消には、その元となる病気の治療が第1になりますので、病院での治療を行いましょう。