加齢臭の原因と予防

加齢臭の原因と予防

加齢臭とは、40歳を過ぎた頃から発生すると言われる、男女問わず発生する体臭のことを言います。

早い人では、30歳頃から発生し始め、近年の生活習慣の変化からか、マスコミなどで大きく取り上げられるようになりました。

加齢臭は、消臭スプレーなどである程度抑える事はできますが、原因となる「ノネナール」という物質を抑制することが根本的な解決へと繫がります。

疲れやストレスも加齢臭の原因とされるので、それを意識して生活することも大切です。

加齢臭の原因

加齢臭の原因は「ノネナール」という悪臭物質だと言われています。

毛穴に詰まった皮脂汚れが、紫外線によって酸化すると、バクテリアが繁殖、発酵し、ノネナールを作りだします。

40歳を過ぎる頃から、加齢臭が発生する原因としては、ちょうどそのころから皮脂の酸化に対する抵抗力が弱くなってくるからだと言われています。

また、かつての日本の文化にはなかった、高タンパク・高脂肪の食事や、ストレス、疲労なども加齢臭を促進する大きな要素なのです。

加齢臭の予防

加齢臭を予防するためには、まず、皮膚表面を清潔な状態にすることが大切です。汗をかく暑い夏には、こまめに汗を拭いたり、着替えを行い、汗を放置しないようにしましょう。

また、食生活の改善も重要なポイントです。

食物繊維が豊富な食品をたくさん摂り、腸内環境を正常化することがとても重要です。

規則正しいお通じをすることで、体内でおこる発酵や腐敗を防ぎ、加齢臭を予防することができます。

ただし、1日に必要な食物繊維の量は20~25gと言われ、それ以上に摂ると、必要な栄養素まで外に排出してしまうので、注意が必要です。