ワキガの原因

ワキガの原因

体臭の代表とされる「ワキガ」は、本人は気付いていなくても、周囲の人からすると、とても不快感を与える臭いだと言われています。

ワキガは、脇の部分から臭いを発する、汗腺系の体臭で、日本人の場合、10人~20人に1人はいると言われています。

脇の下には、汗腺があるので、通常誰でも汗をかきます。この汗臭さとワキガとは、全く種類が異なるものです。

ワキガはひどい状態になると、臭いが強く、部屋全体に悪臭が漂うほどになります。

ワキガの原因

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の穴があります。

「エクリン腺」は、ほぼ全身に存在し、主に体温の調整を行っています。

これに対して「アポクリン腺」は、脇の下、乳倫、へそ周り、外耳道、外陰部、肛門などの限られた場所に存在し、この「アポクリン腺」からでる汗の成分は「脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニア」を含むため、体臭の原因と言われています。

これらの成分が、空気に触れ変質すること、皮膚表面の細菌によって分解され、ワキガという独特の臭いを発するようになるのです。

一般にワキガの人は、この「アポクリン腺」が多い人のことを言います。

ワキガ体質の特徴

ワキガの人は、臭い以外にも身体に特徴がでることが多いようです。

ワキガは遺伝にも関連すると言われ、親がワキガ体質だと、子供に遺伝する可能性が高いようです。

その他のワキガの人の特徴としては、耳垢が柔らかく湿っている、脇の1つの毛穴から毛が2~3本生えていたりと毛深い、気温や身体状態に関係なく脇の下に粘り毛のある汗をよくかく、などがあげられます。

また、白いシャツなどを着ていると、ワキの部分だけが黄ばむという場合も、ワキガが原因かもしれません。

これらの複数の項目があてはまる場合には、注意が必要です。