口臭の原因

口臭の原因

数ある体臭の中でも、人と会話をする時に臭う、口臭はコミュニケーションまで壊してしまう恐れのある、注意すべき臭いです。

口の臭い一つで、相手の印象を大きく左右し、口を開かずにコミュニケーションを取ることは難しいので、常に口の中は清潔にし、臭いが発生しないように注意しましょう。

緊張したり、寝起きに口が渇いた場合や、食後に起こる「生理的口臭」と呼ばれる自然発生して、ほとんどが自然に消える口臭の他に、注意すべき、「病気が原因の口臭」「食べ物による口臭」の3種類があります。

病気が原因の口臭

病気とひとくくりにしていますが、主に口内環境に問題がある場合と、口内以外の病気によって口臭が起きる場合と2つあります。

口内環境の問題としては、虫歯や歯垢が原因となる場合があります。歯垢ば80%が細菌からできていて、これが溜まると虫歯へと進行し、特に神経が腐った歯は、強い悪臭を放ちます。

歯槽膿漏(しそうのうろう)や歯肉炎(歯周病)も歯ぐきが炎症を起こし、腐っていくので、強い悪臭を放つと言われています。

その他にも、入れ歯や差し歯は歯垢がつきやすく、臭いが発生しやすかったり、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の汚れに菌が繁殖するものも悪臭の原因となります。

口内以外の病気として、糖尿病肝臓の病気など、代謝系の病気の場合にも口臭が発生し、胃腸がもたれていたり、体調が悪い時など、消化器系に問題がある時にも、強い口臭がする場合があります。

食べ物による口臭

臭いが強い食事を食べた時に、口臭が発生します。

代表的な食材として、にんにく、ニラ、ネギ、らっきょう、納豆、アルコールなどがあげられます。

食べ物ではありませんが、タバコも口臭の原因となります。

これらはあくまで一時的なものになりますが、臭いの成分は胃で消化され、血液を介して体内に循環するので、口の中を綺麗にしただけでは、臭いを完全に消すことはできないので、注意が必要です。