足の臭いの原因

足の臭いの原因と予防

足の裏には、エクリン腺という汗をかく穴が密集しています。

そのため、意外なことに、足の裏は汗をかきやすく、両足でコップ1杯分の汗をかくと言われています。

この汗自体は、ほとんど臭いがありません。ですが、放置しておくことによって、雑菌が、皮脂や汚れ、汗に含まれる有機物を分解して悪臭を発生させます。

足の裏は、靴で密閉された状態になるので、なおさら雑菌が繁殖しやすく、高温多湿になり雑菌の活動は活発化してしまうのです。

冬場の女性のブーツはまさにこの状態になりますし、暑い夏にも靴の中がムレやすく、臭いの発生しやすい状態になります。

足からかく汗

足の裏にかく汗は、汗自体には臭いはほとんどありません。

ただし、雑菌と混ざり合うことによって、強烈な臭いを発生するので、常に清潔にすることをこころがけましょう。

また、脂っぽい食品(肉や乳製品)をたくさん摂取するとエクリン腺が活発になり、汗の量が増える可能性があります。

暑い夏などは、脂ものを控えるなどの注意が必要です。

予防方法

足の臭いを防ぐためには、雑菌を繁殖させないために、靴の中を高温多湿にしないことが重要です。

特に夏場は、空気を通す、通気性の良い靴を選んではくようにすると良いでしょう。

通気性の良い靴をはくことができない場合には、吸湿性の高い靴下をはいたり、面倒ですが、オフィスではサンダルやスリッパに履き替えるなど、靴を脱ぐ機会をつくると、湿気を逃がすことができるので良いでしょう。

また、毎日同じ靴を履き続けることは湿気の原因となりますので、2、3足を履きまわし、さらに靴自体のケアもきちんと行いましょう。